渡邊香澄のブログ

演奏動画「Applause」が完成するまで 

「Applause」動画作成にいたるまでの道  

CD購入! / Getting the CD!

2013年9月11日 待ちに待っていたLady Gagaの新曲「Applause」をついにget!heart


On Sep. 11, 2013, I finally got ahold of the new Lady Gaga single, "Applause," that I had been waiting for!


P1040576.jpg


☆私はもともとガガの大ファンで、彼女の生き方や音楽のメッセージ性に強く感銘を受け、尊敬していました。2011年の大震災の折にいち早く日本に優しさをくれたガガへ箏演奏家として私ができる精一杯のお返しがしたいと考えていました。今回ガガの復帰を祝し、「アプローズ」に私のお礼の気もちを込めて演奏したいと思い、発売当日にCDを購入しました。 さあ、これから作業開始です!


I've been a devout fan of Lady Gaga and respected the way she lives life, her music, and the messages in her songs. I've wanted to express my grateful thanks as a Koto player for her grace she had shown after the 3.11 Earthquake in Japan.
I also wanted to send her a prayer for quick recovery from her injury. I figured I could do both by performing her new song on the Koto.
Let's begin!


とにかく沢山聴いて聴いて聴く!
At first, listen, listen, and listen!

まず曲を覚えるため、何度も何度も聴いて曲を頭にinputさせます。music


I listened to the song a good many times to memorize it in my head.


P1040614.jpg

 

☆どの楽器を使ってパートをどう分けたらうまく表現できるか考えながらひたすら聴きました。


As I listened, I imagined which instruments to use, and how the instruments should collaborate to produce the feeling that I wanted.


楽譜を作成 / Scoring

耳から得た音だけを頼りに、低音域パートを17絃箏、中音域パートと歌のパートを25絃箏の計7パートに分けて書くことに決めました。pencil


☆完成している曲から各パートの音だけを1つずつを抜き取って聴き取り、楽譜に起こしていく作業をします。主となるメロディーからハモリやベースのパートに至るまでを7つ書き上げるのは時間と労力のいる作業でした。(CDを作る過程を1つずつ逆に戻る過程を行っていることになります)


◎朝8時 これから楽譜に起こします。スピーカーで音を確認しながら、聴いては止めて書くを繰り返します。


After much listening, I decided to divided the song into seven distinct parts and to play the sounds on the lower range on the 17-string koto, and the mid-range and vocals on the 25-string.


The process of creating scores for each part by extracting one note at a time from the complete piece was tedious work.
It took a lot of time and effort to establish what is the main melody versus harmonization, bass line, and so forth. (I would say it's like the process of making an album, but doing it backward.)


8 AM: The actual process of creating the scores - Listen, stop, transcribe, rewind, and repeat... over and over again.


P1040706.jpg

P1040714.jpg

 


◎夜12時すぎ。まだ終わらない・・・。night


☆完成した曲の音の数々から1パートだけを抜き取って聴き取ることは思った以上に大変な作業でした。何しろ耳だけが頼りです。とても疲れました。


After midnight: Still not done...


I have not have imagined how difficult it would be to distinguish one melodic part from another in a completed piece. I had only my ears to rely on. I was really worn out.


P1040717.jpg

 


◎なんとか7パートの楽譜が完成です! flair頭に曲が入り込んでいるうちに集中して一気に楽譜に起こしました。


With the song playing over and over in my head, I focused and hammered out the scores. It's finally done!


P1040722.jpg

 

弾きこんで録音に臨みました。
After much preparation and practice, I made a recording.

7パートに起こした楽譜をそれぞれ弾き込んで暗譜(楽譜を暗記)する作業です。 低音域・中音域・高音域に区別できるよう、衣装もそれぞれ黒・紫・赤と変化をつけました。


◎まずはじめに17絃箏で低音域の2パートを録りました。


☆17絃箏はベースの役割をする楽器で低い音が出ます。柱も大きく糸も太く爪も分厚いものを使います。(黄色い太い糸と、爪輪も黒に変わっています)

 冒頭のスタッカートのリズムをキープし続けることが難しかったです。


Next, I practiced and memorized each part and played the bass, mids, high-notes, etc., wearing black, purple, and red outfits so that the viewers can distinguish which part I am playing.


First, I recorded two bass portions on the 17-string koto.


17-string koto hits the bass notes. It has large bridges and heavy strings, so players use thick plectrums. (One can discern this koto because it has yellow string, and the plectrums I am wearing have black rings.)

The most difficult point was keeping the staccato rhythm in the opening scene.


P1040699.jpg

 


◎次に25絃箏で中音域を3パート録りました。


☆25絃箏は普通の箏(13絃箏)に比べ、絃の数も25本と約倍にもなります。その為音域(音の高低の範囲)も広く、曲を演奏するのに音に厚みが増します。

 中音域パートはベースと主旋律以外を担当し、(例えば合唱でいうとメゾソプラノやアルトといったハモリを担当する事が多いパートとイメージしていただけるとわかりやすいかと思います)、先に録音済みの17絃箏のリズムと一緒に合わせることが難しかったです。


Next, the three mid-range sections on the 25-string koto.


The 25-string koto is different from the traditional 13-string koto not only because it has about twice the number of strings, it also has a different tone and the sonic palette. It makes dramatically more acoustic depth and has a wider musical scale.

Integrating this koto into the rhythm of 17-string koto was not easy. In this piece, similar to the bass, the role of the mid-range to support the main melody. (You can imagine that this role is similar to a mezzo-soprano or an alto part in a chorus.)


P1040677.jpg

 


◎最後は25絃箏でいよいよ主旋律の歌パートを2回に分けて録りました。


☆伴奏がスタッカートで入っているのと対称的に歌っているようになめらかに弾くのに苦労しました。爪で絃をはじいて音を出すため、音の持続が難しく、トレモロ(振り爪)やグリッサンド(引連)などを随所に用いて工夫しました。


Finally, the main vocals were recorded in two parts.


In contrast to the staccato rhythms of the accompaniment, I played the vocal part in smooth legato style as if the koto was singing, I found it quite difficult to emulate singing on the koto because after striking the strings, I had to find ways to sustain the notes. To keep up the legato notes, I had to utilize tremolo (furizume) and glissando (hikiren) techniques throughout the song. What a challenge!


P1040686.jpg

ようやく完成!!! / It's finally completed!!!

CD発売からちょうど1か月後にアップできました。演奏動画のページをクリックしてみてください。→pc


Exactly one month after the release date of the CD, I was able to upload this video. Please click here!

コメント (4)

コメント(4)

香澄さん、ガガの曲に挑戦ですね、動画アップおめでとうございます!!

動画を見せていただきましたが、裏でこんな大変な作業があるんですね
($・・)/~~~

それにしても7パートとはすごいですね!(◎o◎)/!
耳で聴いた音を楽譜に起こすって?普通じゃできませんし、1曲でも大変なのに、自分の耳が頼りでしょ?超人ですね(・.・;)

このようにして動画ができるまでの過程もわかると楽しいですし、聴く側としても曲への親近感がわくというか、ただ動画を見るよりさらに感動します(~o~)/

今後も楽しみにしていまーす♪

楽しくブログを見させていただいてます。作曲もするし、ガガの曲もいつか聞いてみたいです。

コメントする

(スタイル用のHTMLタグを使えます)

【演奏動画】ジャンルを問わず、様々な曲を演奏しています。

「Applause」動画作成にいたるまでの道 〜Making Applause movie〜 Lady Gaga

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

過去の記事

ページトップへ